キタムラが続伸、コスト削減効果で中間期の赤字幅縮小

キタムラ<2719>が続伸。29日午後5時に13年3月期の第2四半期予想を連結営業損益で当初計画の16億円の赤字から1億6200万円の赤字(前年同期実績25億1400万円の赤字)へ修正した。災害からの回復と、コスト削減などの損益改善効果が表面化、通期予想に関しては「写真付き年賀状」や「印刷タイプの年賀状」、「七五三撮影」などの売り上げ状況を見極める必要から19億円(前期比2.9倍)の予想を変更していない。 キタムラの株価は11時13分現在550円(△24円)。