富士重が13年3月期業績予想を上方修正、「インプレッサ」など海外で好調

富士重工業<7270>は30日大引け後に、12年4〜9月期の連結決算発表に加え、13年3月期通期の利益予想を上方修正した。売上高は従来予想の1兆8600億円を1兆8400億円(前期比21.3%増)へと小幅に下方修正したものの、営業利益は670億円を820億円(同86.2%増)へ、純利益480億円を670億円(同74.2%増)へとそれぞれ増額した。中国および欧州市場における自動車販売台数は減少しているものの、米国での「インプレッサ」の好調な販売などが寄与している。また、下期の為替レートは1ドル=78円、1ユーロ=100円としている。