日本精工が今3月期業績見通しを下方修正、主力製品の需要が減少

日本精工<6471>は30日大引け後に今3月期連結業績の下方修正を発表。連結売上高は従来予想の7800億円から7150億円(前期比2.5%減)に、経常利益は460億円から230億円(同45.2%減)に減額した。9.5%経常増益から一転、大幅減益となる。中国をはじめ世界的に景気の減速感が強まり、主力の自動車部品や軸受けなどの需要が想定を下回って推移していることが要因だ。