日本精線が後場売られ反落、午後2時20分に今3月期業績の下方修正を発表

日本精線<5659>が後場に入り売られ反落。30日午後2時20分に今3月期連結業績の下方修正を発表し、これを手掛かりにした売りに押されている。連結売上高は従来予想の337億円から290億円(前期比11.7%減)に、経常利益は37億円から24億円(同21.3減)に減額した。主力のステンレス鋼線などが太陽光や液晶関連業界向けの需要減少や、半導体業界向けの回復遅れが要因だ。 日本精線の株価は14時47分現在288円(▼19円)。