スクエニが後場急落、オンラインゲームの運営費用増で今期予想を下方修正

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が後場急落。この日午後2時に13年3月期予想を通期連結営業利益で当初計画の150億円から75億円(前期実績107億1300万円)へ大幅下方修正した。大型オンラインゲームとして運営を開始した「ドラゴンクエスト10」サービス開始に伴うコンテンツ制作勘定の償却、運営費用の増大や大型HDゲームの販売が伸び悩んでいることなどが影響している。 スクウェア・エニックス・ホールディングスの株価は14時30分現在1110円(▼41円)。