三協フロンテアが急騰、今3月期復興需要取り込み業績増額で

ジャスダック上場の三協フロンテア<9639>が急騰、11%超の上昇を演じた。前日、13年3月期の連結売上高が前期比16%減の245億円、連結純利益が同19%減の20億円になる見通しと発表。純利益は減益見通しではあるが、従来予想の16億円に対し4億円の増額修正となっており、減益幅の縮小を好感する短期資金の買いが集中した。ユニットハウス販売が東日本大震災の復興事業に展開する建設会社向けや、震災被害を受けた個人および事業所向けに想定以上となったことが利益増額の要因。また、期末配当を15円と従来の12.5円から2.5円引き上げ、通期では30円と前期水準を維持することも株価の支援材料となっている。 三協フロンテアの株価は12時39分現在456円(△47円)。