Dアーツが急反騰、費用削減効果で今3月期業績予想を上方修正

東証2部上場のデジタルアーツ<2326>が急反騰し、一時前日比12.9%高の4万2000円をつける場面もあった。前日に9月中間決算を発表しており、連結経常利益が従来予想の1億1100万円を大きく上回り2億7400万円(前年同期比27.3%減)で着地したことに加えて、今3月期通期業績予想についても同6億9100万円から7億2200万円(前期比27.8%増)に上方修正したことを好感している。第3四半期に予定していた複数の案件を第2四半期に受注したことで中間期の業績が従来予想を上回ったほか、通期については開発プロジェクトなどの改善で、費用削減が進んだことから利益を増額するとしている。 Dアーツの株価は11時23分現在4万600円(△3400円)。