日立が急反発、今3月期は売上高減額も営業増益予想を据え置く

日立製作所<6501>が急反発、一時前日比15円高の425円まで上げ幅を広げた。30日取引終了後に発表した4〜9月決算で今13年3月期通期連結売上高を減額する一方、営業利益は前回予想の4800億円、前期比16%増を据え置いたことで、利益力強化が進んだとの見方から買いが優勢になっている。英国原子力発電会社「ホライズン」買収についても一部でネガティブ視する向きもあるが、英国が計画する原子力発電所2カ所の原発プラントの建設に加え、原発施設のメンテナンス収入も見込め、今後の海外事業拡大へ布石を打ったとの評価が多い。 日立の株価は13時15分現在424円(△14円)。