フタバが大幅反落、中国自動車販売の減少見込み今3月期業績見通しを下方修正

フタバ産業<7241>が大幅反落。30日引け後に発表された9月中間決算で、連結経常損益が従来予想8億円の黒字を大きく下回り5億7200万円の赤字で着地したことに加えて、今3月期通期の業績予想も同18億円の黒字から15億円の赤字(前期3億3500万円の黒字)に下方修正されたことが嫌気されている。北米で原価改善が目標に届かなかったほか、欧州・アジアでは売上高が想定を大きく下回ったことが要因。また下期についても中国における自動車販売台数の減少が予想されることから売上高の落ち込みが想定されるとしている。 フタバの株価は13時10分現在300円(▼18円)。