日風開が急反発、子会社3社の株式譲渡を発表で

東証マザーズ上場の日本風力開発<2766>が4日ぶりの急反発。30日の取引終了後に、子会社3社の株式を譲渡すると発表したことを材料視。100%子会社の銚子風力開発(千葉県銚子市)の発行済株式のうち90%を関電工<1942>へ譲渡するとともに、100%子会社の肥前風力発電(佐賀県唐津市)と99.8%を保有する平生風力開発(山口県・平生町)の同社が所有する全株式を大阪ガス<9532>の子会社へ譲渡すると発表している。同社では、所有する風力発電所の施設の一部を売却するなどして財務体質の強化を図っており、今回も株式譲渡による財務体質改善が期待されているようだ。 日風開の株価は12時50分現在9万9300円(△9800円)。