東光高岳は大幅反発、SMBC日興証が投資判断「A」でカバー開始

東光高岳ホールディングス<6617.T>は大幅反発。一時、前日比80円高の1190円まで買われている。SMBC日興証券が30日付のリポートで、投資判断「A(強気)」、目標株価1700円でカバーを開始したことを好感している。リポートでは「高岳製作所の電力会社向け以外の売上高が大幅に増加している点は、収益性の面でまだ課題を残すものの好印象。同社が掲げる東京電力以外向けの拡販活動の成果が出つつあると推察する。東光電気は下期の事業環境を厳しく捉えている。とは言え、営業赤字に陥る状況とは考え難く、下期も営業黒字を維持すると予想する」としている。 東光高岳の株価は15時00分現在1170円(△60円)