商船三井が後場上げ幅広げる、今3月期赤字予想も買い戻し活発化

商船三井<9104>が続伸。前場取引終了後に発表した4〜9月決算で今13年3月期通期業績予想を引き下げ、期末無配としたが、業績悪化が明らかになったことでアク抜け感から、後場に入って上げ幅を広げた。今期は前回予想の連結営業損益160億円の黒字を130億円の赤字に引き下げるなど前期に続いての赤字になる。ただ、株価は今月11日に年初来安値174円をつけるなど底値圏にあることから、買い戻しが優勢になっており、日本郵船や川崎汽船など海運株が総じて高い。 商船三井の株価は14時19分現在191円(△6円)。