富士フイルムが反落、売上高が想定下回り今3月期営業利益予想を下方修正

富士フイルムホールディングス<4901>が反落。10月31日引け後に9月中間決算とともに今3月期の業績見通しを連結営業利益で従来予想1400億円から1250億円(前期比10.7%減)に下方修正したことを嫌気。世界的な景況感の悪化から足元でデジタルカメラや事務機、液晶用フィルムなど幅広い製品の売上高が計画を下回って推移していることが要因としている。 富士フイルムHDの株価は10時34分現在1279円(▼67円)。