オークマが反落、中国向け需要停滞で今3月期業績予想を下方修正

オークマ<6103>が反落。10月31日に9月中間期決算を発表するとともに、今3月期の業績見通しを連結経常利益で従来予想110億円(前期比7.9%増)の増益予想から一転、82億円(同19.6%減)の減益予想に下方修正したことを嫌気。足元で中国景気の減速から工作機械需要が停滞しているほか、為替レートの実績と見通しの見直しを行ったことなどが要因としている。 オークマの株価は10時11分現在464円(▼23円)。