日鍛バルが反落、中国向け減少で通期予想を下方修正

東証2部上場の日鍛バルブ<6493>が反落、一時、前日比13円安の245円まで売られ年初来安値を更新した。31日午後4時30分に13年3月期の通期予想を連結営業利益で当初計画の31億円から15億円(前期比2.3倍)へ下方修正した。北米では予想を上回る受注の増加のため人員の増加などにより、生産効率が悪化、中国でも受注の減少が見込まれることが要因。 日鍛バルブの株価は11時15分現在252円(▼6円)。