栗田工業が続騰、TOBによる株式需給改善を期待

栗田工業<6370>が続騰、後場寄り後にきょうの高値となる前日比86円高の1898円まで買い進まれた。前日引け後に4〜9月決算と同時に自社株の公開買い付け(TOB)を発表したことで、需給改善を期待した買いが優勢になっている。第2位の大株主である伊藤忠商事が同社株を放出することに伴う措置で、伊藤忠が保有する744万8000株、発行済み株式総数の5.61%を若干上回る750万株、5.65%を買い付ける。TOB価格は過去3か月の終値平均1716円を約5%ディスカウントした1630円で、買い付け期間はきょうから12月31日まで。 栗田工の株価は14時16分現在1873円(△61円)。