ナブテスコが今3月期業績の下方修正と配当引き下げ、油圧機器事業が想定下回る

ナブテスコ<6268>が大引け後に今3月期連結業績見通しの下方修正と配当予定の引き下げを発表。売上高は従来予想の2100億円から1850億円(前期比6.8%減)に、経常利益は261億円から192億円(同22.0%減)に減額し、6.1%経常増益から20%を上回る減益見通しになった。中国建設機械の供給過剰による販売の落ち込みや産業用ロボットも想定以下の伸びになっていることで油圧機器事業が想定を下回って推移していることや、精密機器事業で減価償却費など固定費負担増による収益悪化が要因だ。また、今期配当予定は年39円から年36円(前期は年34円)に引き下げる。