古河スカイが今3月期業績見通しを下方修正 半導体・液晶製造向け厚板の回復遅れ

古河スカイ<5741>が大引け後に今3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は従来予想の1940億円から1852億円(前期比4.5%減)に、経常利益は92億円から66億円(同2.9%増)に減額し、43.5%経常増益から増益幅が大幅に縮小する見通しになった。世界的な景気停滞が想定以上で、半導体・液晶製造装置用厚板や各種電子機器・部品向け材料を中心に需要回復が遅れていること、LNG船の厚板も納期が来期にずれ込むことが要因。