エンシュウが12年4〜9月期利益予想を上方修正、原価低減や経費削減が奏功

エンシュウ<6218>が、1日大引け後に12年4〜9月期連結業績予想の利益上方修正を発表した。従来予想の売上高150億円は139億9000万円(前期比31.1%増)へと下方修正されたものの、営業利益は7億円を9億6000万円(同97.1%増)へ、純利益4億1000万円は6億1000万円(同7.7倍)へとそれぞれ増額した。売上高については、工作機械の売上が一部ずれ込んだことなどにより減少するものの、損益については、主に原価低減や経費削減の効果により上方修正となった。