東京特殊電線は高寄り後緩む、直近安値からの上昇率2割超え利益確定も

東京特殊電線<5807>は高寄り後緩んでいる。1日取引終了後に発表した4〜9月期決算は黒字浮上を果たし、今13年3月も大幅増益を予想したことが好感され、朝方は買いが先行したが、直近安値からの上昇率が20%を超え、利益確定売りに上げ幅を縮めている。タイ洪水被害による操業停止で、今3月期は22%減と大幅減収ながら、不採算事業からの撤退と原価低減により、連結営業利益5億5000万円、前期比3.8倍の大幅増益を見込む。 東特線の株価は10時39分現在76円(△1円)。