トヨタ紡織が高寄り、通期減額は慎重との見方広がる

トヨタ紡織<3116>が前日比11円高771円で寄り付いた。1日に発表した4〜9月期決算はトヨタのアクア、プリウスαの増産などエコカー支援策の効果が大きく、前年同期比38%増の大幅増収で連結営業利益は同3.3倍の183億3500万円と利益が急拡大、最終黒字浮上を果たした。今13年3月期通期は製品構成の悪化や経費負担増を理由に営業利益を前回予想の300億円から210億円に引き下げたが、第2四半期で進捗率が87%に達していることから、会社予想は慎重との見方が広がった。 トヨタ紡織の株価は9時8分現在773円(134円)。