パナソニックが高寄り後売られる、ムーディーズが格下げ

パナソニック<6752>は高寄り後マイナス圏に沈んでいる。前日にストップ安で引けるなど、急落した反動で朝方は買い戻しが先行したが、買い一巡後は売りが優勢になった。4〜9月最終損益は前回予想の150億円の黒字を大きく下回る6852億円の赤字に。減損処理などの構造改革費用、繰延税金資産の取り崩しなどが大幅赤字の要因で、バランスシートの悪化も懸念されている。売り上げ減少にも歯止めがかからず、ムーディーズによる格下げも伝えられている。 パナソニックの株価は11時16分現在410(▼4)。