三井不が年初来高値を更新、9月中間決算の好調と金融緩和で収益環境改善を期待

三井不動産<8801>が3日続伸となり、3月14日につけた年初来高値を更新している。昨日引け後に12年4〜9月期決算を発表。連結売上高が6157億円(前年同期比7.4%増)、経常利益470億円(同31.1%増)となり、商業施設やマンション販売が好調に推移したことが好内容の要因だ。業績好調に対する買い安心感に加え、日銀による金融緩和が継続しそうなことから、事業環境の改善に期待した向きの買いも継続しているようだ。 三井不の株価は11時7分現在1706円(△54円)。