ゼンショーHDは反落、野村証が投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

ゼンショーホールディングス<7550>は3日ぶり反落。一時、前日比12円安の960円まで売り込まれている。野村証券が1日付のリポートで、投資判断を「Buy(買い)」から「ニュートラル(中立)」に、目標株価1200円を1000円にそれぞれ引き下げたことが嫌気されている。リポートでは「コンビニなどの中食との競争激化や、価格競争による値下げに誘引されていた顧客が去っている状況が予想より長引いていることを考慮した」としている。 ゼンショーHDの株価は13時21分現在967円(▼5円)