住友重機が3日続伸、9月中間期経常利益の上ブレ着地と通期見通し据え置きで

住友重機械工業<6302>が3日続伸。昨日引け後に12年4〜9月期連結決算を発表。経常利益が従来予想の125億円を上回る165億7700万円(前年同期比17.8%減)と上ブレして着地し、今3月期通期の経常利益見通しも従来予想の290億円(前期比35.0%減)を据え置いたことから、利益減額懸念が後退して買い戻しが継続している。建設機械部門の油圧ショベルが中国市場の市況低迷から減少、精密機械部門も市況低迷を受けて減少するなど収益環境は厳しいものの、修理船の売上高が増加した船舶部門や精密機械部門、産業機械部門でコストダウン効果が寄与して、中間期利益増額につながった。通期の利益据え置きも同様の要因だ。 住友重機の株価は12時38分現在308円(△21円)。