王子HDが反発、今3月期業績の下方修正も悪材料出尽くしの買いで

王子ホールディングス<3861>が反発。きょう午後1時に今3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は従来予想の1兆2700億円から1兆2600億円(前期比4.0%増)に、経常利益は600億円から500億円(同3.5%増)に減額した。一般洋紙および板紙・段ボールの需要低迷による販売数量減が要因。ただ、コスト削減が進展していることや増益は確保されていることで、悪材料がいったん出尽くしたとの感触から、買い戻しが入っている。 王子HDの株価は14時20分現在245円(△13円)。