クボタは4〜9月期は増収増益、通期利益は慎重に見積もる

クボタ<6326>は2日引け後に4〜9月期決算(米国基準)を発表した。国内外で販売が増え、連結売上高は5465億円と前年同期比13%増の2ケタを超える増収を達成、粗利拡大で円高の影響や年金費用負担を補い、営業利益は536億円(同9%増)となり、有価証券評価損や為替差損の減少などにより、税引前利益は520億円(同17%増)になった。また、中間配当を1円引き上げ8円とした。13年3月期通期については売上高1兆1500億円、前期比14%増を見込むが、利益は慎重に見積もり営業利益1050億円(同0.6%減)、税引前利益1050億円(同4%増)を予想、期末配当は未定としている。