ホクトが今3月期業績を下方修正、上期のキノコ単価低調で

ホクト<1379>が今3月期連結業績見通しの下方修正を発表。売上高は従来予想の557億円から517億円(前期比0.4%減)に、経常利益は84億円から55億円(同33.5%減)に減額した。1.5%経常増益から30%超の大幅減益見通しとなる。上期に野菜価格の低迷でキノコの単価が低調に推移したことや、本来需要期となる9月が記録的な残暑となり需要が伸びなかったことが要因。