曙ブレーキは中期計画でディスクブレーキパッド世界シェア30%目指す

曙ブレーキ工業<7238>は2日取引終了後に新中期経営計画を発表した。OEMディスクブレーキパッド世界シェア30%を目標に、高機能量販車向けブレーキを強化する一方、低コストブレーキで新興国ニーズに対応、北米と欧州の収益基盤を確立して、日・米・欧・アジアの4極でグローバル戦略を加速していく方針で、2016年3月期時点でOEMディスクブレーキパッドシェア20%、連結売上高2500億円、営業利益200億円を目指す。