KYBが5日ぶりに反落、今3月期業績の下方修正と配当引き上げが手掛かり

KYB<7242>が5日ぶりに反落。2日引け後に今3月期連結業績の下方修正と配当予定の引き下げを発表し、これを手掛かりした売りが優勢になっている。売上高は従来予想の3350億円から2985億円(前期比11.5%減)に、経常利益は175億円から100億円(同55.9%減)に減額し、経常減益幅が拡大する見通しとなった。また、今期配当予定を年9円から年8円(前期は年9円)に引き下げるとした。欧州信用不安の長期化や中国の景気減速の影響を受け、特に中国の建設機械用油圧機器が大幅な減収となることが要因だ。 KYBの株価は9時57分現在298円(▼9円)。