ヤマダ電が大幅安、13年3月期4割強の経常減益見通しで

ヤマダ電機<9831>が急落。一時240円安の3185円まで売られた。同社は2日、13年3月期の連結純利益が340億円(前期比42%減)になる見通しを発表、従来予想から222億円の大幅下方修正となり、これを嫌気する売りが集中した。前期の地上デジタル放送移行に伴うテレビ販売急増の反動が出ている。また、ブルーレイレコーダーなどテレビ周辺の商品の買い替え需要も想定以上に低迷した。夏場の節電需要を背景に省エネ機能付きのエアコンやスマートフォン販売が好調だったものの補えなかった。 ヤマダ電の株価は9時32分現在3230円(▼195円)。