新日鉄住金が反落、合併前2社の9月中間期経常利益は8割減益と報じられる

新日鉄住金<5401>が反落。4日付の日本経済新聞で、「前身である旧新日本製鉄と旧住友金属工業の9月中間期の連結経常利益がそれぞれ200億円前後、100億円前後となり、ともに前年同期比で約8割減少したようだ」と報じられたことをマイナス材料視。記事によると、中国の過剰生産によるアジアの鉄鋼市況低迷や円高で輸出採算が低下したことが背景にあるとしており、13年3月期通期も低水準にとどまりそうと報じている。 新日鉄住金の株価は11時16分現在175円(▼3円)。