エフテックが東証1部の値下がり率1位、今3月期業績予想を下方修正で

エフテック<7212>が急落。一時前日比210円(16.2%)安の1090円まで下落し、東証1部の値下がり率1位となっている。前週末2日の引け後に、9月中間期決算とともに、今3月期の業績見通しを連結経常利益で従来予想67億円から45億円(前期比3.6%増)に下方修正したことを嫌気。エコカー補助金終了などで国内需要の先行きが不透明となるほか、日中関係の悪化からくる中国市場での販売低迷から大幅な受注量の減少が見込まれることが要因としている。 エフテックの株価は11時02分現在1143円(▼157円)。