岡村製が続落、9月中間期業績好調も通期見通し据え置きで失望売り

岡村製作所<7994>が続落。昨日引け後に12年4〜9月期連結業績を発表。売上高は934億円(前年同期比8.8%増)、経常利益は33億4100万円(同52.7%増)と大幅経常増益の好調な着地となった。都心での新築大型ビルの大量供給やオフィス移転需要の拡大から、主力のオフィス家具の販売が好調だった。また省エネニーズの高まりから冷凍・冷蔵ショーケースの販売も堅調だった。ただ、株価は中間期業績がほぼ従来想定の範囲内だったことに加え、今3月期通期の経常利益見通しの85億円(前期比20.0%増)を据え置いたことから、上方修正を期待していた向きの失望売りにつながった。 岡村製の株価は10時19分現在555円(▼23円)。