セリアが続急落、通期業績見通し据え置きで材料出尽くし売り

ジャスダック上場のセリア<2782>が続急落で一時1350円と10月5日以来、1カ月ぶりの安値水準に売られた。100円ショップ大手で、競争力の高さから業績は好調に推移しているが、2日の大引け後に発表した13年3月期単独業績見通しでは純利益が46億円(前期比7%増)予想と、従来見通しを据え置いたことから当面の材料出尽くしとみた売りが優勢となった。同社の純利益は11年3月期の55%増に続き、前12年3月期にも85%増と顕著な伸びを示していたことで、今期予想については増益基調が維持されているものの伸び率の大幅鈍化を嫌気した格好となっている。 セリアの株価は12時31分現在1447円(▼105円)。