NECが高い、ビッグデータ活用、顔認証技術で新サービス

NEC<6701>が一時前日比7円高の152円まで買われた。同社は7日、顔認証技術を利用して顧客の動向を分析するサービスを同日開始したと発表、これが刺激材料となっているもようだ。同サービスは店舗などに設置したカメラ映像から顧客の年齢や性別を自動的に推定して、リピーター顧客を検出、来店頻度や顧客の傾向などデータ分析が可能となる。同社の顔認証技術はNIST(米国立標準技術研究所)主催のコンテストで世界一の認識率を獲得しており、同社では最先端の分析技術を投入して画像などの大規模なデータ(ビッグデータ)を活用するサービスとして開始した。また、同社の株価はここシャープ<6753>と急接近、きょうは時間差はあっても一時的に同値水準(152円)に並ぶなど「株価逆転のタイミングが市場の一部で話題になっている」(準大手証券)という。 NECの株価は12時32分現在150円(△5円)。