住友商、日車両が底堅い、米国で鉄道車両130両を受注

住友商事<8053>は4日続落。同社は7日、米国で鉄道車両130両を受注したと発表。日本車両製造<7102>の子会社で生産し、2015〜18年にかけて納入する計画で受注総額は3億5200万ドル(日本円で約280億円)に達する。米国では今後も新企画路線の建設などで車両需要の増加が予想され、同社と日本車両は現地に生産拠点を持つ強みを生かして受注拡大を狙っていく構えだ。前日の米国株急落の影響で、寄り付きから売りが先行したが、下値にも押し目買いが入り小幅安でもみ合っている。なお、日本車両の株価は前日比プラス圏で推移している。 住友商事の株価は9時24分現在1031円(▼18円)。 日本車両の株価は9時24分現在309円(△5円)。