タムラ製が小動き、13年3月期業績の下方修正と配当未定も売りは限定的

タムラ製作所<6768>が小動き。昨日引け後に13年3月期連結業績の下方修正と配当の未定を発表したが、株価には織り込みが進んでいたとみられ、改めて売り込む動きは乏しいようだ。売上高は前回予想の800億円から720億円(前期比6.7%減)に、経常利益は18億円から10億5000万円(同14.5%増)に減額し、96.3%経常増益から増益幅が大幅に縮小する見通しとなった。スマートフォン関連の電子部品需要は好調なものの、中国向けをはじめ世界的に産業機器関連の需要減少が継続していることが要因。また、今期配当は年6円(前期は年6円)を予定していたが、未定にするとした。 タムラ製の株価は10時26分現在172円(前日比変わらず)。