東鉄工が後場急落、午後1時に13年3月期業績の下方修正を発表

東鉄工業<1835>が後場1時過ぎから急落。株価は一時前日比82円安の831円まで売られている。きょう午後1時に13年3月期連結業績の下方修正を発表したことから、嫌気売りを集めた。売上高は前回予想の987億円から850億円(前期比2.2%減)に、経常利益は70億円から53億円(同24.0%減)に減額し、前期並み経常利益から2割超の減益見通しとした。公共土木部門や民間建築部門の受注は好調に推移しているが、通常の鉄道関連工事や耐震補強工事などの受注が当初予想よりも遅れていることが要因だ。 売上高の減少でコストダウン効果が薄れていることが利益減額につながっている。 東鉄工の株価は13時29分現在835円(▼78円)。