ヤマダ電機が反落、改めて今期大幅減益予想を嫌気

ヤマダ電機<9831.T>が反落、11月7日の年初来安値3020円を意識する動き。8日午後3時に13年3月期の第2四半期決算を発表、既に下方修正を発表していたが、連結営業利益で前年同期比66.1%減の213億8100万円を計上。夏場の気温上昇によりエアコンが好調に推移したが、エコポイント及び地デジ化の反動減によりテレビやレコーダーなどの映像関連商品が大きく低迷しており通期でも573億円(前期比35.6%減)と大幅減益の予想で改めて業績への不安が高まっている。 ヤマダ電機の株価は10時21分現在3125円(▼45円)。