タカキューが急騰、好業績・割安で材料株素地も人気の背景に

タカキュー<8166>が大幅高で4日ぶりに反発。株価は急動意で戻り高値をつけた10月29日以来9営業日ぶりに280円台に乗せてきた。きょうはジーンズメイト<7448.T>が大商いでストップ高寸前まで買われるなど人気化しており、「同じアパレル系で材料株の範疇にある同社にも連想買いが働いた」(準大手証券)という見方だが、一方で足元の収益は好調を極めており、PERも10倍未満に放置されるなど好業績割安株としての側面も持っている。13年2月期の単独業績予想は経常29%増益の16億円、最終利益は債務特損から解放されたこともあり前期比5.1倍の7億円を見込んでいる。年間配当も前期3円から2円増配して5円を予定するなど、株主還元にも前向きで個人投資家を中心とした短期資金の買いを集めやすい。 タカキューの株価は13時7分現在274円(△24円)。