リズムが反発、自社株買いと13年3月期利益見通しの据え置きで買い安心感

リズム時計工業<7769>が反発。株価は前日比9円高の161円まで買われている。昨日に上限300万株(発行済み株式数の2.55%に相当)の自社株買い(11月9日の立会外取引で取得)と13年3月期業績見通しの修正を発表したことが手掛かりになっている。自社株買いは一括取得とはいえ、株式需給の改善につながる。また、13年3月期連結業績を売上高は前回予想の322億円から315億円(前期比7.1%増)に引き下げたものの、経常利益は20億円(同18.1%増)を据え置いた。プレシジション事業や接続端子事業での受注減少などから売上高は減少するが、固定費削減など合理化効果から経常増益見通しは維持できる見込みから、買い安心感につながっている。 リズムの株価は14時22分現在159円(△7円)。