【売り】㈱アカツキ(3932)前日比+22%超の急騰で過熱感漂う。今後の急落に注意= フェアトレード 西村剛

■注目銘柄:【売り】㈱アカツキ(3932)
国内SNS運営事業者が提供するプラットフォームやApple Inc.およびGoogle Inc.などのプラットフォーム運営事業者が運営する各アプリマーケットにおいて、ソーシャルゲームを提供するソーシャルゲーム事業を行う。

■注目理由
11月14日に決算を発表。
平成29年3月期第2四半期(平成28年4月1日~平成28年9月30日)の業績は、前年同期比で売上高+82.1%、経常損益は+101.5%となったが、併せて通期の同利益を従来予想の30億円→24億円(前期は19.7億円)に20.0%下方修正、増益率が52.0%増→21.6%増に縮小する見通しとなっており、やや苦戦しているようだ。

チャートを見ると、9日終値の2202円から12日終値の2702円まで22.7%も上昇。
東海東京証券がレーティング「Outperform」、目標株価6500円でカバーを開始しており、同社について、ミドルコア領域向けゲーム開発を得意とし高い開発力と運営力を背景にグローバルでの展開を実現している業界内でも稀有な企業と指摘している。(出典:2016年12月12日 フィスコ)
値動きが速く過熱気味でありそろそろ利益確定が先行する可能性も考えられるので、今は様子見しておくのが無難だろう。
また12月12日終値時点でPERは30.47倍、PBRは4.32倍となっており割高感があるので、しばらく様子を見ておく方が無難かもしれない。