来週の株式相場見通し=売買代金減少も底堅い動き継続

836142181

 来週(19~22日)の東京株式市場は、海外投資家がクリスマス休暇に入り売買代金が細ることが予想されるが、株価は堅調な値動きを維持しそうだ。日経平均は1年半ぶりに9日続伸を記録するなど一方通行の上昇波を形成しているほか、東証1部の騰落レシオは前日(15日)時点で165.6%と2000年以降の最高水準に達した。16日はやや低下したものの156.1%と引き続き過熱感は際立って高い。したがって、一段の上値を買い進むには躊躇する場面だが、一方で売り急ぐ動きも限定的であろう。来週の日経平均株価の想定レンジは、1万9100円~1万9600円とする。

 20日に日銀金融政策決定会合の結果が発表されるが、材料としてインパクトを与える動きが出ることは予想しづらく、市場の注目度も比較的低そうだ。全体手掛かり材料不足のなか、外国為替市場の動向には注意が必要となるものの、どちらかといえば円安含みに振れる可能性が高そうだ。ただ、トランプ次期米大統領の発言などが突発的に円高誘導となるケースは考えられ、その場合は日経平均株価も目先高値圏にあるだけに、波乱が誘発される懸念がある。急速な円高に遭遇する場合を除けば、下値では日銀のETF買いがセーフティーネットの役割を果たし、もしくはそれを拠り所とする押し目買いが入り、株価が大きく崩れる公算は小さい。

 また、来週はIPOラッシュの週でもある。東証1部の主力株に買い疲れ感があるなかで短期値幅取りを狙う個人投資家資金は、新規公開株のセカンダリーに関心を高めそうだ。IPO銘柄が呼び水となって、マザーズなど新興市場銘柄がにぎわう可能性もある。

 日程面では11月の貿易統計(19日)、日銀金融政策決定会合(19~20日)、11月の訪日外国人客数(21日)などに注目。
 
 新規上場は、船場<6540.T>東証2部、日本モーゲージサービス<7192.T>ジャスダック(19日)、リネットジャパングループ<3556.T>マザーズ(20日)、グレイステクノロジー<6541.T>、イノベーション<3970.T>マザーズ、セグエグループ<3968.T>ジャスダック(21日)、エイトレッド<3969.T>、フォーライフ<3477.T>東証マザーズ(22日)。

 海外では独12月Ifo景況感指数(19日)、米11月中古住宅販売件数(21日)、米7~9月GDP確報値、米11月の景気先行指標総合指数、米11月耐久財受注(22日)などが焦点となる。

(中村潤一)