[12月26日版]いまが割安で買いどき!? これが今日の有望株だ!

これからの上昇に期待!
【ディー・エヌ・エー(2432)
直近はキュレーション問題により株価が下落しています。株価は心理的節目2500円に急接近していることもあり、そろそろ反発しやすい頃合いか。

【東京電力(9501)
12月8日にストップ高。政府による無利子融資枠の拡大方針が伝わり、買い手掛かりとなった様子。12月20日、21日には一旦下落したものの、心理的節目500円も急接近しているため、買い支えが入りやすいか。積極的に押し目を狙っていきたいところ。

【川崎汽船(9107)
バルチック海運指数が急騰局面にあり、同社株にとっての好材料となっています。連休を前に株価下落が目立ちましたが、週明け以降は再び上昇するか?

【タダノ(6395)
建設用クレーンのメーカーとして、インフラ関連(≒トランプ関連)としても注目を集めています。円安進行も伴い、同社株への業績寄与は大きいか。直近は株価下落しているものの、今回は押し目を狙える局面か。

【三越伊勢丹ホールディングス(3099)
12月は年末商戦絡みで注目されやすい銘柄。直近は下落しているものの、今後の反発の可能性に期待。

【似たカブは過去に値上がりした!】
同社株と値動きが似た株は、1週間以内に上昇しやすい傾向があります。具体的には、似たような株を買った場合、約55%の確率で値上がりしました。また、1トレードあたりの平均で、約0.7%の利益につながりました。
(集計期間:2000年1月1日~2015年12月31日)

【これからの上昇に期待!】
本記事でご紹介した銘柄は、過去の統計上値上がりしやすいチャート形の銘柄です。これからの投資を考える際、ぜひ、これらの銘柄への投資を検討してみてはいかがでしょうか。