明日の株式相場見通し=市場参加者の減少続き閑散相場に

836142181

 あす(27日)の東京株式市場は、欧米の主要株式市場が26日はクリスマスの祝日の振り替え休日に当たり休場となることから、市場参加者の減少が続くなかで売り買いともに手控えられ方向感に乏しい推移となりそうだ。

 きょうの日経平均株価の高値と安値の振れ幅は、わずか46円54銭と極めて小幅にとどまり、東証1部の売買代金も1兆6302億円と、10月24日の1兆5658億円以来、約2カ月ぶりの低水準となった。

 市場関係者からは「全体相場の変動幅は小幅にとどまっているものの、これまでのトランプラリーで買い進まれた銀行、自動車、商社といったセクターの銘柄には利益確定の売りが目立っている。これとは対照的に医薬品、食品といったディフェンシブ系銘柄が買われた」との見方が出ていた。

 26日の東京株式市場は、外国為替市場での円高傾向が重荷となり、輸出株中心に利益確定売りに押される展開となった。ただ、全体商い薄のなかで下げ圧力も限定的で、日経平均株価終値は前営業日比31円03銭安の1万9396円64銭と3日続落した。

 日程面では、美容サロン向けICT事業、中小企業向けビジネスサービス事業および介護サービス事業を手掛けるティビィシィ・スキヤツト<3974.T>がジャスダック市場に新規上場する。このほかに、11月の消費者物価指数・家計調査・有効求人倍率・完全失業率・新設住宅着工、11月の建設機械出荷額に注目。海外では、米12月の消費者信頼感指数が焦点となる。(冨田康夫)