東京株式(大引け)=256円安、リスク回避で大幅安

42801b8e2

 29日の東京株式市場は、米株安や円高を受けてリスク回避の流れが強まり、日経平均株価は大きく下押す展開を余儀なくされた。

 大引けの日経平均株価は前日比256円58銭安の1万9145円14銭と大幅続落。東証1部の売買高概算は22億4914万株、売買代金概算は2兆796億4000万円。値上がり銘柄数は342、対して値下がり銘柄数は1571、変わらずは90銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが100ドルを超える下げをみせたことや、足もとのドル円相場が1ドル=116円台半ばまで円高が進んだことなどを受け、主力株中心に広範囲に売りが出た。東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は前日時点で129%台と依然として過熱ゾーンにあり、年明けの波乱展開への警戒ムードも意識されるなか、利益確定を急ぐ動きが表面化した。日経平均株価は一時300円を超える下げで1万9000円トビ台まで売られる場面も。日銀のETF買いに対する思惑から途中下げ渋る局面もあったが、全体の8割近い銘柄が下落する売り圧力の強い相場で戻し切れなかった。なお、売買代金は活況の目安とされる2兆円を上回っている。

 個別では、東芝<6502.T>が続急落となったが、リバウンド狙いの短期資金攻勢に伴い売買高は記録的に膨らんだ。このほかトヨタ自動車<7203.T>、ソフトバンクグループ<9984.T>も安い。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクが売られ、信越化学工業<4063.T>、ファナック<6954.T>なども下値を探った。ルネサスエレクトロニクス<6723.T>、SUMCO<3436.T>など半導体関連も下落した。

 半面、任天堂<7974.T>が底堅さをみせ、大塚ホールディングス<4578.T>もしっかり。ダイフク<6383.T>が買われた。オルトプラス<3672.T>が急伸となり、タカタ<7312.T>はストップ高に買われた。東京個別指導学院<4745.T>が大幅高、レーザーテック<6920.T>、ジャストシステム<4686.T>なども上昇した。