【井川純一の今夜も兜町で一杯】“本物のジジイ”になるのも大変だわね

Aa7cbd7d4

 今日1月6日(金曜日)の日経平均株価は66円36銭安の1万9454円33銭と続落。米長期金利の低下基調を受けてドル買いの流れが止まり、ドル・円相場は朝方に1ドル=115円台前半まで円が買われ、これが重荷となった感じですかね。取引時間中は為替が1ドル=115円台後半へと再び円安方向に振れたことで、全般相場も買い戻される展開に。まぁ、3連休を前に上値を買う動きも限定的でしたしね。後場に入っても為替を横目に神経質な展開が続きました。
             ◆
 昨日は、「病み上がり 暖簾恋しや 寒の入り」なんて悠長なことを書いたが、風邪がぶり返している。昨夜、久々に軽く独り酒と思い、行きつけの店の手前まで来た時に異変を感じる。ぶわっと発熱、体もふらついた。さすがにアルコール摂取の欲望も消え失せ、早々の帰宅と相成った。

 若いころであれば、何のこれしきとばかりに「アルコール消毒」で体調不良も吹き飛ばしたのだが、最近はどうもいけない。これも、寄る年波とでもいうのだろうか、まったくもって軟弱になったものである。そういえば、今日付の朝日新聞に「高齢者『75歳から』学会提言、65歳以上『准高齢者』」なんていう記事が載っていた。「65~74歳は心身とも元気な人が多く、高齢者とするのは時代に合わない」ということらしい。あくまで提言だが、父親が他界したのが73歳だったから、この辺りが自分の人生のゴールと考えれば、高齢者になるまえに鬼籍に入ることになる。まったくもって、“本物のジジイ”になるのも大変な世の中になったものだ。

 記事で言う高齢者になるためには、長生きしなければならないわけで、まずもって心身の健康が求められる。ちなみに、昔の兜町マスコミでば、こういった記事の文末に、ぽろっと注目株の名前を書いたりすることがあった。例えば、「“本物のジジイ”になるのも大変な世の中になったものだ。健康志向の高まりで、スポーツ施設を展開するコナミホールディングス<9766.T>に妙味。」みたいな感じだ。この文末銘柄、思わせぶりだが、さほど意味があるものではないことが多々ある。もちろん、なかには背景を書けないスクープ銘柄というのもあるだろうが、正直まれなような気がする。まぁ、最後は投資家の勘ということになるわけだわな。

 話が脱線したが、とにもかくにも体調が思わしくない。アルコールも欲しない、食欲もないのである。娘曰く「それだけデブだったら、1カ月くらい食べなくとも死にゃあしない」。

 う~ん、世の中って厳しいよなぁ。
《KC》