【買い】富士フイルムホールディングス(4901):割安優良株の上昇を期待=GLA小池 麻千子

【買い】富士フイルムホールディングス(4901):割安優良株の上昇を期待
1934年写真フィルムの国産化を目指して創業。現在では写真フィルムや医療機器を手掛ける富士フイルム、オフィス用複合機などに強みを持つ富士ゼロックス、医薬品の富山化学工業を傘下に持つ、富士フイルムグループの持株会社です。

もっとも業績をけん引しているのは、今のところ複合機などのドキュメントソリューションで、新興国を中心に事業を拡大しています。また第二の柱となっているヘルスケア分野では画像診断システムなど医療機器が牽引しているほか、将来的には再生医療分野での受託製造事業の拡大が期待されます。

17年3月期上半期の業績は為替の影響を受け、減収減益となりましたが、足元の円安の流れの中で通期業績の上方修正、そして未達予想となってきた中期計画も達成可能な水域となってきました。

財務基盤は良好で資金面で心配はなく、配当金は7期連続増配の見通しと株主還元に前向きです。
株価は上昇しているものの以前割安圏にあると思います。