ロックオンが7連騰と異彩放つ、天井高くAI・フィンテック関連として投機筋攻勢へ

466a8d24d

 ロックオン<3690.T>が7連騰で急速な底値離脱の動き。リアルとネットを融合した企業と顧客のコミュニケーションの円滑化を事業コンセプトに、人工知能(AI)分野に積極的に経営資源を振り向ける。暗号通貨技術を持つテックビューロ(大阪市)と協業でブロックチェーン技術を用いたEコマースシステムを開発するなどフィンテック分野での活躍も急だ。

 年初からAI関連株の人気を先導するかたちでまとまった買いが観測されており、市場の関心を集めている。昨年5月に5260円の高値をつけるなど天井の高い点も投機資金の食指を動かしているもようだ。